Service

不動産投資戦略支援

2度の「ショック」を経て『不動産市場予兆管理』へ

1.国内では'90年代のバブル崩壊により、まずは不動産証券化市場拡大契機が、そして、'08年のリーマンショック以降、数年の市況低迷の後、国内不動産市場の体系的モニタリングニース、すなわち「予兆管理」ニーズ拡大契機が生まれました。

2.弊社では、不動産市場マクロ構造の把握・将来予測ツール・市場の声・多面的アプローチから皆様の不動産市場予兆管理を支援しております。