価格等調査ガイドラインに係る対応方針について

サービス

ブログ > サービス > 不動産鑑定評価に伴う評価・コンサルティング > 価格等調査ガイドラインに係る対応方針について

国土交通省「不動産鑑定士が不動産に関する価格等調査を行う場合の業務の目的と範囲の確定及び成果報告書の記載事項に関するガイドライン(以下、「価格等調査ガイドライン」と呼ぶ)」が平成22年1月1日から施行されました。その主旨と日本不動産研究所の対応方針をお示し致します。

価格等調査ガイドライン(主旨と日本不動産研究所の対応方針)

1.価格等調査ガイドラインが出された主旨

  • 価格等調査に係るニーズに応じた適切な対応の促進
  • 価格等調査を必要とする需要者に保護
  • 価格等調査の担い手である不動産鑑定士の責任範囲の明確化

2.日本不動産研究所の価格等調査ガイドラインへの対応方針

  • どのような場面においても適用する鑑定評価基準に則った価格等調査(鑑定評価)の提供を原則とすること。
  •  

  • ご依頼者の多様なニーズに適切に対応すること。
  •  

  • 精度の高い価格等調査を適正な報酬で行うこと。

3.ご依頼者様へのお願い

  • 価格等調査ガイドラインを適正に運用することにより、ご依頼をお断りしたり、また、ご依頼者の手数を煩わせることがあることをご了承下さい。

このページの先頭へ戻る