専門チームによる鑑定評価について

医師に内科、外科などの専門診療科目があるように、不動産鑑定士にも特定の分野に関する専門知識がより求められており、1人の不動産鑑定士がオールマイティーに高度の専門的ニーズに対応するのは困難になっています。

そこで、日本不動産研究所では、以下のとおり専門知識を有するスタッフが、専門チームを編成し、日頃から関連情報の収集、整理を行うとともに、全都道府県に所在する支社・支所と協働し、お客様のニーズに迅速かつ柔軟に対応しています。

レジャー専門チーム

ゴルフ場、ホテル(都市型、リゾート、旅館など)、スキー場、遊園地・テーマパークなどの鑑定評価及びコンサルティングを行っているほか、マーケット分析、情報収集、評価手法の構築などを行っています。

ヘルスケア専門チーム

病院、高齢者向けの居住施設(有料老人ホーム、介護老人保健施設など)などの鑑定評価及びコンサルティングを行っているほか、マーケット分析、情報収集、評価手法の構築などを行っています。

海外不動産評価専門チーム(国際部)

既に、北米、ヨーロッパ、中国、韓国、東南アジアなどの評価実績があります。単なる鑑定評価にとどまらず、取引慣行、市場動向、鑑定制度などについて現地鑑定機関及び現地鑑定人との広いネットワークを活かして常に情報収集に努めています。

賃料評価専門チーム

オフィスビル、店舗、共同住宅、ホテル、ショッピングセンター、レジャー施設などの様々な用途の新規賃料や継続賃料の鑑定評価、またはコンサルティングを行っています。また、継続賃料の紛争に係る調停・訴訟に対応する鑑定評価、借家の明け渡しに伴う立退料の調査などを行っています。

インダストリアル専門チーム

物流施設、インフラ施設、工場・研究開発施設等の鑑定評価及びコンサルティングのほか、マーケット分析、情報収集、評価手法の構築などを行っています。

商業施設専門チーム

ショッピングセンターや百貨店、物販店舗ビル等の鑑定評価及びコンサルティングのほか、マーケット分析、情報収集、評価手法の構築などを行っています。

オフィス専門チーム

事務所ビルなどの鑑定評価、あるいはそれらに関連するコンサルティングを行っているほか、マーケット分析、情報収集、評価手法の構築などを行っています。

レジデンシャル専門チーム

マンションなどの鑑定評価、あるいはそれらに関するコンサルティングを行っているほか、マーケット分析、情報収集、評価手法の構築などを行っています。