お客さまからの声

サービス

ブログ > サービス > 海外不動産評価 > お客さまからの声

不動産鑑定評価とは何ですか?

不動産鑑定評価とは、不動産の経済価値を判定し、貨幣額をもって表示する行為をいい、国家試験に合格した不動産鑑定士だけに認められている業務です。

不動産鑑定評価はどのような場面で役に立つのでしょうか?

不動産鑑定評価は、公正・中立な第三者の立場に立って、安全性・市場性・確実性の観点からその不動産の適正な価格を判定することが求められますので、特に以下のような場面で不動産鑑定評価は活用されています。

売買等において公平な取引が可能となります。
売主にとっては妥当性の証明資料となり、また買主にとっては不動産の適正価値を把握する資料となり、不信感を払しょくし安心した取引が可能となります。

価格や賃料について、双方の意見が対立した場合等、第三者による公正かつ客観的な評価として活用できます。
特に、相続や裁判の場合に不動産鑑定評価は威力を発揮します。

ノンリコースローン等の不動産担保等による融資では、特に、適正な評価が求められるため不動産鑑定評価が必要になります。
日本不動産研究所の不動産鑑定評価は、不動産鑑定業界の中でも、特に公正・中立な第三者の立場から次のようなさまざまな場面で高い信頼性をもって、サービスを提供しております。

  • 不動産の売買および交換
  • 資産価値の把握
  • 不動産担保
  • 不動産の賃貸借・訴訟
  • 共同ビル事業・市街地再開発事業
  • 土地区画整理事業
  • 税務上の証明資料
  • 相続
  • 現物出資
  • 不動産証券化
  • ノンリコースローン
  • 更正・民事再生等伴う財産評価
  • 時価評価

など

このページの先頭へ戻る