第22回 前橋

前橋の最近のトピックス ~15年ぶり観光キャンペーン~

第22回全国まち・住宅・不動産 ~話題のスポット~ 
住宅新報2011年9月27日号(22面)掲載
日本不動産研究所 前橋支所
不動産鑑定士 原 孝幸

15年ぶりの群馬デスティネーションキャンペーン開催

 デスティネーションキャンペーン(DC)とは、JRグループ6社と地域が一体となって取り組む、全国から誘客を図ることを目的とした大型観光キャンペーンである。県内開催は15年ぶり4回目で、7月1日から9月30日まで開催している。
 当該キャンペーンに向けてJR前橋駅北口駅前広場の整備が行われ、高架化完成当初に駅ビル用地として確保されながら20年以上暫定利用されていた旧駅跡地も駅前広場として組み込まれることとなった。

 県の調査によると、7月の県内主要観光地30地点(伊香保グリーン牧場、県立自然史博物館、ぐんまフラワーパーク等)の観光客数(速報値)は114万1527人で、前年同月比5・9%増と、一定の効果をあげている。

 


駅前広場が拡充されたJR前橋駅北口前

パワーモール前橋みなみに「コストコ」開店

 米国生まれの大型会員制ディスカウント店「コストコ」の前橋倉庫店(前橋市鶴光路町)が8月26日、パワーモール前橋みなみにオープンした。

  パワーモール前橋みなみは、イオンモール高崎(高崎市棟高町・平成18年('06)10月オープン)、けやきウォーク前橋(前橋市文京町・平成19年('07)3月10日オープン)、スマーク伊勢崎(伊勢崎市西小保方町・平成20年('08)11月20日オープン)、クロスガーデン前橋(前橋市小屋原町・平成21年('09)4月24日オープン)に続く大型ショッピングモールで、郊外大型店同士の競争も激しさを増している。
 コストコは会員制の倉庫型店舗で、外資系の食料品や日用品を低価格で購入できる。全線開通した北関東自動車道前橋南インターチェンジに近接するという好立地を生かし、近県からの集客も狙っているとのことである。県外ナンバーの車は少ないように思われるが、開店初日から混雑しており、注目度は高い。

 


8月に開業した「コストコ」前橋倉庫店

前コンの盛況

 郊外店の勢いに押される中心市街地に目を向けると、地域活性化に向けて様々な取り組みが行われている。その一つに宇都宮市で開催されている「宮コン」を参考に始められた前コンがある。前コンとは20歳以上の参加者が、手に巻いたリストバンドを見せることで加盟店を回り、各店舗の自慢の料理やお酒を愉しみながら男女の出会いを応援する、前橋中心市街地の活性化を目的とした大型合コンイベントである。
 6月4日に約600人対600人の規模で行われ、当日は普段より人通りが明らかに多く大盛況となった。第2回目の開催も9月24日に予定されており、前橋中心市街地活性化に向けた明るい話題である。

 

(次回の第23回:全国まち・住宅・不動産 ~話題のスポット~は『新潟』)

全国の地価動向マップはこちら

この地区の事業所はこちら