札幌中心市街地実績

実績一覧

ブログ > 実績一覧 > 札幌中心市街地実績

札幌中心市街地における再開発

JR札幌駅周辺は、これまで商業施設が少なく、大通周辺が商業の中心でした。札幌駅南口では、このような状況を脱するため、専門店街、百貨店、シネマコンプレックスを備えることで滞在型の商業施設を目指して開発されました。その結果、札幌市における地価の最高地が大通方面から札幌駅になるなど、札幌市商業中心地域として機能しています。

JR札幌駅南口は、JRをはじめとした複数の企業が権利関係者であることから、当該施設の権利関係や契約関係の調整・整理をすることが必要となりました。

このほか、借地権を設定している場合の地代の設定についても検討する必要がありました。

日本不動産研究所では、
再開発事業の権利調整等に関する業務を受託し、都心再生に貢献しています。

このページの先頭へ戻る