職員同士の距離が近く、自分の考えも言いやすく若手にとって学びやすい環境

中野 あゆみAyumi Nakano 関東支社

私が不動産鑑定士を目指したきっかけは、地域に密着した存在である不動産に興味を持っていたことです。学生時代に宅建に挑戦した際、ステップアップとして不動産鑑定士という職業を知ることとなりました。

不動産鑑定士として働くことを考えたとき、日本不動産研究所の事業内容は鑑定評価以外のコンサルや統計を用いた分析などにも関わることができ、活動の幅を広げられるところに魅力を感じました。鑑定士の人数も多く、その経験と知識から様々なことを学べますし、鑑定評価をしていく上で、多くの鑑定士の意見に触れることはとても大切だと考えています。鑑定業務としては、証券化対象不動産から公共事業まで多様な物件に関われる点も研究所を選んだ大きな理由のひとつになっています。

堅苦しいイメージのある研究所ですが、実際には職員同士の距離が近く、自分の考えも言いやすい職場なので、若手にとっては学びやすい環境だと思います。全国に支社支所があり、評価を通じて地域ごとの違いを発見できるのも研究所ならではの魅力です。

将来の目標

研究所で先輩方にご指導をいただきながら、多様な物件の評価経験を積み、自分が得意とする専門分野をつくることができればと思っています。

Copyright © Japan Real Estate Institute All rights reserved.