同じものがひとつとしてない不動産の鑑定業務の魅力

立花 大輔Daisuke Tachibana 本社事業部

私は前職の大手監査法人での公認会計士としての業務において「不動産鑑定評価書」をレビューする機会がありました。その時に興味を持ったのが不動産鑑定です。当初は、監査業務に有用であるという理由から勉強を始めたものの、同じものがひとつとしてない不動産の鑑定業務に魅力を感じ、本格的に目指すことにしました。

監査現場において信頼できる鑑定機関として筆頭に挙げられていたのが日本不動産研究所、鑑定業界において圧倒的な信頼度を誇ります。鑑定機関に就職するからには、鑑定業務での高い品質に裏付けされた大きな信頼を獲得している研究所で経験を積み、自らも社会から信頼される鑑定士になりたいと思いました。

不動産鑑定業務に特化した専門家はもちろん、研究所には公認会計士や弁護士等の不動産鑑定以外の専門家も在籍しています。多様性のある専門家集団であり、事業内容についても、M&Aに係るコンサルや、CRE(企業不動産)・PRE(公的不動産)戦略支援等、多種多様。入社1年目から数多くの案件を任され、なかなかハードな日々を送っていますが、これまでの業務経験を考慮して新たな経験を積ませるための教育的配慮があります。得意分野を持つ個性豊かな諸先輩方もおり、不動産鑑定士としての研鑽を積む環境としてはこれ以上ありません。

将来の目標

将来的には公認会計士であるという特性も活かしつつ、上述した鑑定評価以外の業務にも携わっていきたいと考えています。

Copyright © Japan Real Estate Institute All rights reserved.