本社

ワインは白より赤派の K.I.

本社事業部 / 2021年入所 / 法学部政治学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.大学1年生の時に宅建の試験に合格し、その後何か難易度の高い試験にチャレンジしようと考えていた際、不動産鑑定士という資格に出会い、目指すことにしました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.歴史と実績を兼ね備えた日本最大規模の不動産鑑定・コンサルティング機関に身を置くことで、不動産鑑定に関する知識はもちろんのこと、+αの専門性を身に付け、不動産の専門職業家として大きく成長するには最適な環境であると考えたからです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.新卒で入所した当時、右も左も分からない私に周囲の先輩方が優しく丁寧に教えてくださったので、社会人経験の有無にかかわらず安心して働ける会社です。(今日も周囲の先輩方のお力を借りて頑張っています!)
Q.将来の目標は何ですか
A.不動産の鑑定評価に関する知識をベースに+αの専門性を身に付け、将来的には不動産鑑定士としてふるさと福井に恩返しがしたいです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.何かチャレンジすることに年齢は関係ないと思います。フレッシュな若手・経験知識豊富なベテランが多数在籍する弊所で共に立派な鑑定士を目指しましょう!

東京散策中の H.O.

金融ソリューション部 / 2021年入所 / 外国語学部英米語学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.前職では不動産の仲介営業をしていましたが、不動産業界で定年まで働ける仕事がしたく、不動産鑑定士を目指しました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.他社とで悩んでいましたが、企業訪問の際に仕事内容や所内の雰囲気を聞き、弊所で働きたいと思いました。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.比較的穏やかな方が多い印象です。テレワークも行いやすく、有給も取りやすいですし、長く働きやすい会社だと思います。
Q.将来の目標は何ですか
A.米国不動産鑑定士(MAI)を取ることです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.まずは、試験お疲れ様でした。不動研は専門性を追求できる場所です。皆様と一緒に働けることを楽しみにしています!

田舎から出てきた社会人1年目 T.G.

本社事業部 / 2021年入所 / 法文学部総合社会システム学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.大学の授業で不動産鑑定士の先生が楽しそうに仕事の話をしていたことから、不動産鑑定士という仕事に興味を持ちました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.長い歴史があり業界最大手の研究所で、不動産鑑定士として最前線で活躍する先人の方々から多くを学びたいと思ったからです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.専門家としての熱意を持った優しい方ばかりで、専門職・事務職の皆さんから多くを学ぶことが出来る職場です。
Q.将来の目標は何ですか
A.不動産の専門家として、様々な視点から不動産の本質を見極める鑑定士を目標に日々努力致します。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.皆さんと共に働けることを楽しみにしております。

早寝早起きの H.N.

本社事業部 / 2021年入所 / 商学部商学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.不動産全般の知識を身につけたいと思ったからです。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.業界最大手で、鑑定評価をみっちり学べると思ったからです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.相談や質問も気軽にでき、働きやすい職場だと感じます。
Q.将来の目標は何ですか
A.信頼して仕事を任せてもらえるような人間になりたいです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.ここでしか経験できないような仕事があると思いますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

辛いものが苦手 N.H.

本社事業部 / 2021年入所 / 商学部卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.友人に勧められてこの職業を知りました。
元々何か一つ専門性を持って仕事をしていくことに魅力を感じていたので、前職は全くの異業種でしたが不動産鑑定士に挑戦しました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.業界最大手ですので、鑑定評価をはじめとして、不動産に関する多くの経験を積むことが出来るのではないかと思い志望しました。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.穏やかな人が多いと思います。初めは分からないことばかりですが、質問しやすい職場なので疑問は解消しやすいです。
Q.将来の目標は何ですか
A.まずは一人前の不動産鑑定士になることですが、その先は専門性を身につけて社会に貢献していきたいと考えています。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.研究所は多くの不動産鑑定士が在籍し、その方々と一緒に仕事をすることで、若手が成長できる環境が整っています。皆様と一緒に働けることを楽しみにしております。

スポーツ大好き S.W.

金融ソリューション部 / 2021年入所 / 法学部法律学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.学生時代に現役の不動産鑑定士の先生からお話を伺う機会があり、専門性の高い業務内容に魅力を感じたためです。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.業界のリーディングカンパニーとして様々な案件を通して高い専門性を身につけられると考えたためです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.どんな質問、相談にも気軽にのってくださる先輩方が多く、風通しの良い職場だと思います。
Q.将来の目標は何ですか
A.まずは、不動産鑑定士としての専門性を高め、将来的には不動産の枠に収まらず様々な分野で活躍できる人材になりたいです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.研究所では多様な案件に挑戦できる機会がたくさんあります。
不動産鑑定を極めたいのであれば研究所が最適な環境と言えます。
皆さんとお仕事できる日を楽しみにしております!

日本酒は辛口派のM.H.

本社事業部 / 2021年入所 / 不動産学部不動産学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.不動産に関する国家資格の中で最も難易度が高く、不動産の価値を見極めるという仕事に強く興味を惹かれたため。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.不動産鑑定業界の最大手であり、不動産の鑑定評価を中心に様々な業務に携わることができると考えたため。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.先輩に相談や質問が気軽にでき風通しの良い会社だと思います。また、人それぞれに合わせた働き方ができるので、とても働きやすい会社だと思います。
Q.将来の目標は何ですか
A.鑑定評価の知識に加え、建築等の分野に精通した不動産鑑定士となるため、日々研鑽に努めています。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.弊所は不動産鑑定士としての一歩を踏み出す会社として最適だと思います。

音楽好きのY.N.

総務部兼本社事業部 / 2021年入所 / 会計研究科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.何かの分野の専門家になりたいと思い、国家資格の取得を考えました。
その中でも不動産鑑定士が知人に誰もおらず、希少性を感じて目指しました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.業界最大手であり多様な案件に携わる機会があること、他の鑑定会社とは違い研究機関としての側面があることの2点が研究所を選んだ理由になります。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.職場は落ち着いた雰囲気だと思います。またテレワーク等の予定も自分で決めることができるので、比較的ワークライフバランスが取りやすいと思います。
Q.将来の目標は何ですか
A.一人前の不動産鑑定士になることと、その先は鑑定スキルを高めつつ他の専門性も持ちたいと考えています。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.研究所には不動産鑑定士として成長できる環境が整っています。
ぜひ不動産鑑定士のキャリアの第一歩として研究所をご検討いただければと思います。

九州からやって来た子煩悩のA.U.

本社事業部 / 2021年入所 / 文学部歴史文化学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.インフラ系企業の用地部門に在籍していた際、不動産鑑定士の方と関わる機会があり、その専門性に興味を持ちました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.業界のリーディングカンパニーとしての組織力・情報量・仕事の幅の広さなどに惹かれたからです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.全体的に穏やかで優しい人が多い印象で、非常に働きやすい職場です。
Q.将来の目標は何ですか
A.不動産鑑定士として自分の得意分野を作り、その第一人者になりたいと考えています。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.研究所は、不動産鑑定士としてキャリアを積む上で最高の環境だと思います。皆様と一緒に働けることお待ちしております。

温室育ちのR.K.

本社事業部 / 2020年入所 / 経済学部経済経営学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.スケールが大きく複雑な不動産について、専門性を身に着けることで、キャリアの付加価値になればと思ったのがきっかけです。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.鑑定業界最大手としてのノウハウ、業務領域に魅力を感じ、鑑定士として成長できる最適な環境が整っていることと、20~30代の所員が多く、若手でも馴染みやすいと思ったことが理由です。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.色々な人がいますが基本的には落ち着いた雰囲気です。分からないことや迷ったことを相談すると、期待以上の回答を頂けます。くだらない話も聞いてくれます。
Q.将来の目標は何ですか
A.不動産鑑定士として専門性を高めていくと共に、不動産にとどまらず多様な業務領域を広げて行きたいと思っています。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.不動産のスペシャリストになることは、幅広い活躍の可能性を得られるということです。不動産鑑定はもちろん、+αの知識を身に着けたい人にもうってつけです。一緒に働ける事を楽しみにしています。

めざせトリリンガルのK.O.

本社事業部 / 2020年入所 / 経済学部経済学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.新卒の就職活動時に鑑定士の存在を知り、縁の下のような存在感と不動産の価格評価という奥深さに興味を持ったことがきっかけです。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.業界最大手で多様な案件に携わることができ、また調査・研究など鑑定以外の取り組みに関わる機会に富んでいると考えたためです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.オンオフの切り替えが明確で、年代に関わらず多様なバックグラウンドを持つ職員一人一人が互いに尊重しあう職場です。
Q.将来の目標は何ですか
A.まずは鑑定士として実力をつけることですが、ゆくゆくは海外関係の仕事に携わり、不動研の知名度を向上させていきたいと思います。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.皆様の個性に触れることを楽しみにしています。不動研の未来をともに創っていきませんか?

好きな番組はブラタモリのK.T.

金融ソリューション部 / 2021年入所 / 法学部政治学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.前職にて研究所の不動産鑑定士の方々に出会い、憧れ、自分も専門職業家になりたいと思い勉強を始めました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.上記の通り、研究所が不動産鑑定士を目指したきっかけだったため、自分の中で研究所以外の選択肢はありませんでした。また、鑑定評価以外の業務領域の広さ・深さも魅力的でした。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.明るく相談しやすい雰囲気です。初めは分からないことだらけですが、皆さん丁寧に教えてくださいます。
Q.将来の目標は何ですか
A.足元の目標は、不動産鑑定士としての経験を積み実力を付けることです。将来的には、鑑定評価で培った知見を活かして、様々な悩みを解決できる専門家になりたいと思っています。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.鑑定評価の実務は、入所前に想像していた何倍も、難しく奥が深いと感じています。不動産鑑定士としての基礎を固める上で、研究所は最適な環境です。多くの方のご応募・入所を楽しみにしております。

離島大好きのM.O.

金融ソリューション部 / 2021年入所 / 法学部法律学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.前職の業務の中で鑑定評価書を拝見し、おもしろそうな仕事だと考えたからです。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.あらゆる案件を経験できることと、所属鑑定士が圧倒的に多く、多様な考え方を学べると考えたためです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.別業種からの転職だったため知識が乏しく不安でしたが、どなたにも質問しやすい環境です。女性の鑑定士も多いため、働きやすさも感じております。
Q.将来の目標は何ですか
A.専門的な知識を身に付けるはもちろんのこと、それを依頼者に対してわかりやすく伝えられるような鑑定士を目指しております。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.多くの鑑定士が所属し、多様な案件を経験できますので、あらゆる知見を得ることができます。研究所は鑑定士として実力を付けるための環境が整っています。

近畿支社

温泉巡りが大好きな Y.I.

近畿支社 / 2021年入所 / 農学生命科学研究科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.証券外務員として働いていたときに、有価証券を中心とした資産運用の提案だけでは、お客様のニーズに応えることに限界を感じていたためです。
不動産について相談されることが多く、不動産鑑定士を目指そうと思いました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.単なる大手の鑑定業者ではなく、課題解決のプロ集団になることを企業理念としているからです。鑑定業者の中でも将来性のある会社だと思いました。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.非常に風通しが良いです。同年代の若手の同僚から知識・経験豊富なベテランの方々まで気軽に相談できる雰囲気があり、とても気に入っています。
Q.将来の目標は何ですか
A.金融・経済・法律・会計など、不動産鑑定評価業務に関連のある幅広い分野に精通した不動産鑑定士になりたいです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.研究所は、多種・多様な案件に携われる機会に恵まれているのはもちろん、鑑定評価業務について、意見を交換し、学び、実務を経験する場として色々な面から恵まれた最高の環境だと思います。
不動産鑑定士として活躍する場として、とてもオススメです!

とにかく近畿支社が大好きな K.O.

近畿支社 / 2021年入所 / 法学部法律学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.大学4年次に東京都不動産鑑定士協会の講座を受講する機会がありました。
高い専門性は社会人生活において自らの拠り所になると考え、不動産鑑定士を目指しました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.上記講座の先生が研究所の方でしたので、不動産鑑定士を志すきっかけをいただいた研究所には当初から強い思い入れがあり、研究所を選びました。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.とても温かい雰囲気の職場です。分からないことは丁寧に教えていただけますし、新人である私の意見も真剣に聞いてくださるので、毎日が充実しています。
Q.将来の目標は何ですか
A.全ての種別、類型の鑑定評価に自信を持って対応ができる不動産鑑定士になることです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.研究所では多様な案件や情報に触れることができます。不動産鑑定士として成長していくにはこの上ない環境と思いますので、ぜひ研究所を選択肢の1つとして考えていただけたら嬉しいです。

楽しく仕事がしたい T.O.

近畿支社 / 2021年入所 / 法学部法律学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.自分を支える高度な資格を取得したくて目指しました。不動産鑑定士は、極めて専門性の高い、生涯使える資格であると思います。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.業界最大手であり、設立経緯も踏まえると、最も正統派な鑑定評価を学べる環境であると思ったからです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.人間関係がとても良いです。また、想像通り、鑑定評価のスペシャリストたちから妥協のない指導を受けられるため、間違いなく成長できます。
Q.将来の目標は何ですか
A.お客様や仲間から信頼される優秀な不動産鑑定士になりたいです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.専門性の高い仕事ゆえ苦悩も多いですが、同期の仲間と並走しながら成長していける環境が弊所にはあります。一人ではありません!

食べ歩き担当の A.S.

近畿支社 / 2021年入所 / 経済学部経済学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.前職にて不動産鑑定士の方と関わる機会があり、興味を持ちました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.業界最大手で多様な案件に携わることができると考えたためです。また、全国に支社・支所があり、若手のうちに転勤ができることも決め手になりました。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.オンオフの切り替えがはっきりとしています。緊張感がありながら、風通しが良く、和やかで過ごしやすい雰囲気です。
Q.将来の目標は何ですか
A.他の鑑定士からも頼りにされるような鑑定士になりたいです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.一緒に働けることを楽しみにしています!

新幹線はこだま派 K.T.

近畿支社 / 2021年入所 / 法学部法学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.前職で用地部門に在籍していた際に、外部の不動産鑑定士を含め多くの方にお世話になり、貴重な経験を積ませていただいたので、恩返しの意味も込めてこれらの経験を形にしたいとの思いからこの資格を目指しました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.多くの卓越した専門家を擁し、鑑定評価に対する社会的信頼に最前線で応える環境の下で研鑽を積みたいと考えたからです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.若手職員が多く、伸び伸びとした雰囲気の中互いに切磋琢磨できる環境です。
Q.将来の目標は何ですか
A.一人前の不動産鑑定士として認められる実力を身につけ、鑑定評価を通してクライアントや社会からの信頼を積み重ねていきたいと思います。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.研究所は不動産鑑定士として確かな実力をつけることができる環境が整っています。共に成長できる仲間として、鑑定業界を目指す多くの方にご応募いただければと思います。

旅好きキャンパーのR.T.

近畿支社 / 2021年入所 / 工学部建築・デザイン工学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.専門性の高いスキル取得のためであり、前職の経験を活かせそうだと考えたからです。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.鑑定業界で経験を積むなら、業界最大手の研究所が良いだろうと友人の教えもあり志望しました。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.すごく風通しの良い環境です。先輩方はみなさん話しかけやすい雰囲気であり、相談したことについては熱心に教えてくれます。
Q.将来の目標は何ですか
A.不動産鑑定士として社会に大きく貢献できるようになることです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.研究所には、業界最大手の実績と情報力があります。鑑定業界で経験を積みたいという方にはとても良い環境です。

肉体改造中のS.S.

近畿支社 / 2019年入所 / 法学部法律学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.何か自分の武器が欲しいと思ったのがきっかけです。
不動産鑑定士は専門性、希少性が非常に高く、自分にとって誇れるものになると感じ、志しました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.依頼される案件の質や蓄積されたデータ、ノウハウの面から業界最大手で研鑽を積むことが最も自身の成長に繋がると感じたためです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.知的好奇心の強い方が多く、とても刺激になります。一方、柔らかい人柄の方が多いので職場の雰囲気は和やかです。
Q.将来の目標は何ですか
A.不動産鑑定士に対する信頼、期待を更に高められる人材になることです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.皆さんには是非、この日本不動産研究所にチャレンジして欲しいです。弊所にはその価値が十分にあると思います。一緒に楽しく働きましょう!

近畿支社のフレッシュ担当のS.K.

近畿支社 / 2021年入所 / 法学部法律学科

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.高校三年生の夏、大学受験も推薦で早々に決まり将来について考えた時、折角四年間あるなら何か資格を取ろうと思い、不動産鑑定士を見つけました。大学在学一年間は見識を広げ、その上で挑戦しようと決意したのがきっかけです。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.正直なところ、業界最大手に入れば間違いないだろうと思い、弊社に入社いたしました。
その時の私の判断は間違っておらず、熟練の鑑定士の先輩の下で勉強させていただけて、日々成長の毎日です。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.私は新卒で入社し、社内の中では年齢的にかなり若い方ですが、そんな事は関係なく、業務の上では社の一員として対等に接していただいてます。
Q.将来の目標は何ですか
A.目下の目標は鑑定士の基礎を培う事ですが、ゆくゆくは自分の学びや経験を後輩の鑑定士に還元し、鑑定業界の活性化の一端を担いたいです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.これを見てる、とりわけ大学生の就職活動中の方々へ。
中途採用の方が多い弊社ではありますが、新卒でも何も変わらず、鑑定業界の先端で働けます。
不動産業界に興味があれば是非、弊社も視野に入れてみてください。

関西が楽しくて仕方ない関東人のN.H.

近畿支社 / 2021年入所 / 法学部政治学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.プライベートで不動産を購入した際に「この物件の適正な価格は如何ほどか」という疑問が生じました。そこから、不動産の適正な価値を評価できる唯一の国家資格である不動産鑑定士に関心を持ちました。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.圧倒的な業界最大手であることから、多彩な経験を積めると考えたからです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.上司・先輩が丁寧に指導してくださり、安心感があります。また、優秀で明るい同期に囲まれ、刺激的で楽しい毎日です。
Q.将来の目標は何ですか
A.不動産鑑定の基本を会得するとともに、不動産鑑定+αの得意分野を作り、希少価値のある人材に成長したいです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.皆様と一緒に働けることを楽しみにしております!

真摯に向き合う、社会に貢献のN.Y.

近畿支社 / 2021年入所 / 文学部英文学科卒

Q.不動産鑑定士を目指したきっかけは何ですか
A.私が不動産鑑定士を目指したきっかけは、不動産の社会的影響度の高さを知り、不動産を通して社会に主体的に貢献していけることに魅力を感じたことです。
Q.なぜ研究所を選んだのですか
A.私が研究所を選んだ理由は、鑑定評価書の信頼度が業界で一番高いこと、そして鑑定士としてより高度な知識の習得をしたいと思ったためです。
Q.職場の雰囲気はいかがですか
A.職場の雰囲気は、先輩方は親切で優しく、とても過ごしやすい雰囲気です。そのため、分からないことがあっても質問しやすいため、新人としても働きやすい職場だと感じています。
Q.将来の目標は何ですか
A.不動産鑑定士の社会的認知度を高め、今以上に社会に貢献していける業界に変えていきたいです。
Q.応募者へのPRやメッセージをお願いします
A.研究所は鑑定士としてのキャリアをスタートさせるためには素晴らしい環境です。入所前に色々と悩むことはあるかと思いますが、入所して後悔することはないと思います。皆様と一緒に働けることを楽しみにしております。

Copyright © Japan Real Estate Institute All rights reserved.