更新料に関する判決

不動産知識

ブログ > 不動産知識 > 判例の動向 > 更新料に関する判決

更新料に関する判決

更新料とは?

更新料は、 不動産の賃貸借の契約を更新するときに、借主(賃借人)から貸主(賃貸人)に支払われる金銭です。
 法律には、更新料がどのようなもので、どのような場合に支払う必要があり、どのぐらいの金額が適当なのか、といった定めがありません。このため、更新料の支払は、主に関東地方や京都など一部地域でのみ行われ、どちらかというと慣習というよりも貸主の求めに応じて支払われているので、裁判で争われることがあります。
また、最近は、消費者契約法との関係でも争われています。

裁判での問題点(争点)

更新料が裁判で争われる場合、主に問題となるのは次の点です。

このページの先頭へ戻る