2021/05/25 第44回不動産投資家調査(2021年4月現在)を公表

弊所では日本の不動産投資市場における共通理解を深めるため、1999年4月より投資家へアンケートを実施し、その結果を公表しています。

・期待利回りの動向は、前回調査に続きコロナ禍の影響でアセット毎に異なる結果となった。
・オフィスの期待利回りは、「札幌」で0.1㌽低下したが、「東京・丸の内、大手町」をはじめとする多くの調査地区では前回比横ばいとなった。賃貸住宅一棟は、ワンルームタイプについては、「横浜」「神戸」等で0.1㌽低下したが、「東京・城南」等多くの調査地区では前回比横ばいとなった。一方、ファミリータイプについては、前回比0.1~0.2㌽程度低下する地区も多くみられた。
・コロナ禍の人流抑制が大きく影響した「都心型高級専門店」は、「東京・銀座」や「大阪」を含む全ての調査地区で期待利回りが前回比横ばいとなった。コロナ禍で観光・出張需要が減退したホテル(宿泊特化型)は、「東京」「大阪」「那覇」で前回比横ばいとなったが、「札幌」「仙台」「名古屋」「京都」「福岡」では、前回比で0.1㌽上昇した。一方、コロナ禍で施設需要が伸びている物流施設は、前回調査に続き、「東京」をはじめとする多くの調査地区で期待利回りが0.1~0.2㌽低下した。

 公表資料・調査結果はこちら

 

【本件に関するお問い合わせ先】研究部/メールでのお問い合わせはこちら