不動産の新しい可能性のために - 日本不動産研究所 公式サイト | 平成30年度 定例講演会

平成30年度 定例講演会

定員 : 先着600名(参加費無料)
お申し込み締切 : 平成30年11月30日(金)

主催: 一般財団法人 日本不動産研究所

受付は終了しました

開催時期・場所

日時:平成30年12月7日(金)13:15~16:00(12:30開場)
会場:有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 GoogleMapで場所を確認する

内 容

講演会テーマ『社会・経済の変化のなかでの不動産』

研究報告『2019年の不動産市場』

吉野 薫(Kaoru Yoshino)

- 一般財団法人日本不動産研究所不動産エコノミスト 大妻女子大学 非常勤講師
1978年、石川県生まれ。東京大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。日系大手シンクタンクのリサーチ・コンサルティング部門を経て、一般財団法人日本不動産研究所にて現職。現在、国内外のマクロ経済と不動産市場の動向に関する調査研究を担当するとともに、わが国の不動産市場の国際化に関する調査等にも従事している。専門は都市経済学、経済政策。著書に「これだけは知っておきたい『経済』の基本と常識」(フォレスト出版)、「Q&A 会社のしくみ50」(日本経済新聞出版社、共著)がある。

特別講演「日本家族のゆくえと不動産業界の今後」

山田 昌弘(Masahiro Yamada)

中央大学 文学部・教授
- 1957年東京生まれ。1981年東京大学文学部卒。1986年同大学院 社会学研究科博士課程退学。
東京学芸大学教授を経て、2008年より中央大学文学部教授。内閣府男女共同参画会議専門委員など公職を歴任。読売新聞人生案内回答者。専門は家族社会学。愛情やお金を切り口として、家族関係を社会学的に読み解く試みを行っている。バラサイトシングルの他、格差社会、婚活の名付け親でもある。著書に「家族ペット」(文春文庫,2004年)「少子社会日本」(岩波新書,2007年)「家族難民」(朝日新聞出版,2014年)、近著に「底辺への競争』(朝日新聞出版2017年)、共著に「婚活時代」(ディスカヴァー21,2008年)など多数。

このページの先頭へ戻る