Data Base

  • 2022.05.16
  • Quiz / Headline / Keyword

経済産業省が主導する「GXリーグ」構想とは何?

経済産業省は、「カーボンニュートラルに移行するための挑戦を行い、国際ビジネスで勝てるような「企業群」が、経済社会システム全体の変革(GX:グリーントランスフォーメーション)を牽引していくための議論と新たな市場の創造のための実践を行う場として「GX リーグ」を設立する。」としている。

具体的には、産官学が協働する①未来社会像対話の場、②市場ルール形成の場、③自主的な排出量取引の場を設けることを想定して、参加企業の募集などがスタートし、3月末時点で440社が賛同を表明している。

  • 2022.05.16
  • Quiz / Headline / Keyword

近年ますます重要性を増す、「トランジション・ボンド」「トランジション・ファイナンス」とは何?

「トランジション・ボンド」「トランジション・ファイナンス」とは、脱炭素社会の実現に向けた長期的な戦略に則り、円滑な移行を目指す取組を行う企業に対する債券・ローンによる資金提供のことをいう。

現在の化石燃料の利用を前提とした仕組みから一足飛びに、脱炭素社会に移行するのは無理があり、移行の途中段階を支援する仕組みとして極めて重要性が高い。

  • 2022.05.16
  • Quiz / Headline / Keyword

太陽光発電における「2035年問題」とは何?

2030年代から顕在化することが予想される、使用済み太陽光パネルに関する資源循環及び有害物質の適正管理に係る問題。

FIT制度が2012年より開始されたこと及び製品寿命より、2030年代に急増し、経済産業省の試算によると、2035~2037年のピーク時には年間約17万~28万トン、産業廃棄物の最終処分量の1.7~2.7%に相当する使用済み太陽光パネルが発生する見通しで、不法投棄、最終処分場のひっ迫のほか、太陽光パネルに含まれる鉛、カドミウム等の有害物質の流出・拡散が懸念されている。

  • 2022.04.18
  • Quiz / Headline / Keyword

「気候ポジティブ」「気候ニュートラル」とは何?

 「気候ポジティブ」とは、温室効果ガスの排出量より削減量を多くすることで、「カーボン・ネガティブ」と同じ意味で使われている。温室効果ガスの削減が気候変動(気温上昇)の緩和に役立つため、ポジティブという言葉が使われている。

 「気候ニュートラル」とは、「カーボン・ニュートラル」と同様、温室効果ガスの排出量と削減量が均衡している状態をいう。
 

Investor Relations

220425s3%e5%9c%b0%e3%81%99%e3%81%b9%e3%82%8a%e9%98%b2%e6%ad%a2%e5%8c%ba%e5%9f%9f
  • 2022.04.25
  • Social
  • 住み続けられるまちづくりを

【防災】地滑り地区の標示

22025s2%e7%9b%ae%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%b0%b4%e4%bd%8d%e8%ad%a6%e5%a0%b1
  • 2022.04.25
  • Social
  • 住み続けられるまちづくりを

【防災】目黒川警戒水位の表示

22025s1%e6%b8%af%e5%8c%ba%e9%98%b2%e7%81%bd%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa
  • 2022.04.25
  • Social
  • 住み続けられるまちづくりを

【防災】港区防災アプリ

220411e3%e9%b9%bf%e8%bf%bd%e7%94%ba%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%82%ac%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88
  • 2022.04.11
  • 出典:鹿追町HP
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに

【再生可能エネルギー】北海道鹿追町バイオガスプラント(家畜ふん尿をガス化)

Reference

  • 2022.03.16

今回は、G20持続可能な金融WGへのIPSFとUNDESAが、投資を特定し持続可能性の目標に合わせるため一貫したアプローチを開発するために参照した「カナダ市場のタクソノミー」について、みてみましょう

Canada Taxonomy

(PDF)

カナダの移行債券市場は、G20持続可能な金融WGへのIPSFとUNDESAが差し入れた文書で概説されたタクソノミーの7番目の原則(※)で参照された。

(※)「包括的な評価を作成する-定義や分類法等投資を持続可能な目標に合わせるためのアプローチでは、運用活動とバリューチェーンおよび製品とサービスの使用の両方から、投資先企業の活動の全体的な影響を考慮する必要がある。」

  • 2022.03.08

今回は、EUと中国が共同議長を務めるIPSFタクソノミーワーキンググループが環境的に持続可能な投資のための既存の分類法の包括的な評価を行うことを目的とした作業部会の内容について、みてみよう。

EU China Taxonomy

(PDF)

2021年11月に欧州と中国が各々経済活動がグリーン(持続可能)であるか分類していた体系を両者比較可能にして、将来共通化が可能か検討したものを公表した。

  • 2021.12.01

今回は、11月13日に閉会したCOP26サミットの協議内容をみてみましょう。

COP26

(PDF)

パリ協定の合意の確認と実行に向けた具体的なロードマップを描くには、先進国対新興国、資源国対非資源国といった対立軸の解消にチャレンジする必要がある。

  • 2021.09.09

今回は、8月7日に公表された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のプレスリリースをみてみよう。

IPCC_AR6

(PDF)

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2021年8月7日、ワーキンググループⅠがまとめた第6次評価報告書(AR6)を公表し、科学的根拠を用いて気候変動と人間活動(温室効果ガス排出経路)の相関を明示した。