Data Base

  • 2024.06.10
  • Quiz / Headline / Keyword

東京建築祭で5月21日に観覧できた劇場はどこか?

 三越劇場は、1927(昭和2)年「三越ホール」の名称で日本橋三越本店6階にオープンした。間口約12m、奥行6mのプロセニアムアーチの舞台を擁し、客席を514席備えた百貨店内の劇場で、2016年7月日本橋三越本店(本館)が国の重要文化財の指定を受けるにあたり、劇場の装飾様式が評価された。例えば、2階席のファザードには石膏に彫刻を施し、手で彩色しているほか、天井にはめ込まれたステンドグラスや無数のステンシル画、壁面装飾等が開場当時のまま保存されている。

  • 2024.06.10
  • Quiz / Headline / Keyword

東京建築祭で展示された黒川紀章設計のカプセルとは?

 銀座8丁目にあった中銀カプセルタワーは、1972年に竣工し、50年の時を経て2022年に解体された。カプセル1個あたり約3㌧で、140個を組み合わせたメタポリズム建築。いくつかのカプセルは、再生プロジェクトとして再利用されている。
 東京建築祭では、築地4丁目のSHUTLで2基展示された。カプセルの大きさは、面積8.5㎡(幅×奥行×天井高:2.3m×3.7m×2.1m)。

  • 2024.06.10
  • Quiz / Headline / Keyword

東京建築祭2024とは?

 2024年5月18~26日にかけて東京で初めて開催された、日本橋・京橋、銀座・築地、大丸有エリア等に所在する近現代の建築物において、普段は立ち入れない場所や知る人ぞ知るエピソードに触れ、サステイナブルな建物に親近感が湧き、まちの魅力を再発見する祭典である。

  • 2024.05.27
  • Quiz / Headline / Keyword

スシテック東京2024の海の森公園に着艇している帆船の特徴は?

 世界初の水素混焼エンジンを搭載した旅客船「ハイドロびんご」が、スシテック東京2024の会場のうち、東京ビッグサイト、青海客船ターミナル及び海の森船着き場を航行している。
 このうち、海の森船着き場では株式会社商船三井が水素生産船「ウインズ丸」を係留させ、船内を見学できるようにしている。
 ウインズ丸は、ウインドハンタープロジェクトの実証船として開発したヨット。
 このプロジェクトは、洋上の風からグリーン水素を創って貯めることで推進エネルギーに化石燃料を一切使わない船を開発することと、創って貯めた水素エネルギーを陸上向けに運搬・供給することを目的に2020年11月から研究開発をおこなっているゼロエミッションプロジェクトである。

Investor Relations

240603s1_%e7%a9%ba%e9%a3%9b%e3%81%b6%e9%9b%bb%e5%8b%95%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a_%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e6%9d%b1%e4%ba%ac2024
  • 2024.06.03
  • Social
  • 住み続けられるまちづくりを

【快適性の向上(交通)】次世代モビリティ(空飛ぶクルマ)

240603e2_%e6%b0%b4%e7%b4%a0%e6%b7%b7%e7%87%83%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e6%90%ad%e8%bc%89%e6%97%85%e5%ae%a2%e8%88%b9_%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e6%9d%b1%e4%ba%ac2024
  • 2024.06.03
  • Environment
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに

【脱炭素】水素混焼エンジンを搭載した旅客船

240603e1_%e6%b0%b4%e7%b4%a0%e7%94%9f%e7%94%a3%e8%88%b9_%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e6%9d%b1%e4%ba%ac2024
  • 2024.06.03
  • Environment
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに

【脱炭素】水素生産船

240520e3_%e6%b0%b4%e5%86%8d%e5%88%a9%e7%94%a8%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_harumi-flag
  • 2024.05.20
  • Environment
  • 安全な水とトイレを世界中に

【水の再利用】HARUMI FLAG WATER GARDENの水管理

Reference

  • 2022.12.20

今回は、エコの事例について考えてみましょう

エコの事例

(PDF)

街を散策すると、企業が様々な場所でエコについて考え、そして、取り組んでいる。資源・エネルギーが脆弱な日本では、日本人のDNAに省エネ、省資源への危機管理意識が埋め込まれている。1970年代に起きたオイルショックから半世紀、次の50年で再生エネルギーを創造し、資源不足に苦しめられない時代にシフトする過渡期にエコは重要だ

  • 2022.10.11

今回は、エネルギーと不動産の関係を見てみよう。

エネルギーと不動産

(PDF)

地球温暖化による自然環境の変化が、経済市場に影響を与える可能性がある。主な現象は、二酸化炭素(CO2)が400ppmを超え、産業革命以降に起こった気温上昇と相関が高い。CO2は温暖化ガスの1つと言われており、CO2を発生する化石由来の電力を削減したり、商品の製造過程で発生するCO2を実質ゼロにする具体的な移行計画を各企業がステークホルダーに開示する時期に来ている。

  • 2022.03.16

今回は、G20持続可能な金融WGへのIPSFとUNDESAが、投資を特定し持続可能性の目標に合わせるため一貫したアプローチを開発するために参照した「カナダ市場のタクソノミー」について、みてみましょう

Canada Taxonomy

(PDF)

カナダの移行債券市場は、G20持続可能な金融WGへのIPSFとUNDESAが差し入れた文書で概説されたタクソノミーの7番目の原則(※)で参照された。

(※)「包括的な評価を作成する-定義や分類法等投資を持続可能な目標に合わせるためのアプローチでは、運用活動とバリューチェーンおよび製品とサービスの使用の両方から、投資先企業の活動の全体的な影響を考慮する必要がある。」

  • 2022.03.08

今回は、EUと中国が共同議長を務めるIPSFタクソノミーワーキンググループが環境的に持続可能な投資のための既存の分類法の包括的な評価を行うことを目的とした作業部会の内容について、みてみよう。

EU China Taxonomy

(PDF)

2021年11月に欧州と中国が各々経済活動がグリーン(持続可能)であるか分類していた体系を両者比較可能にして、将来共通化が可能か検討したものを公表した。